奈良市内の母子3人が無理心中か 死亡した母親を殺人の疑いで書類送検

© 奈良テレビ放送株式会社

 2021年8月、奈良市登美ヶ丘の住宅で母親と娘2人のあわせて3人が遺体で見つかった事件で、警察は6日、当時30歳だった母親を殺人の疑いで容疑者死亡のまま書類送検しました。警察によりますと、母親は浴槽で当時3歳と1歳だった娘を溺れさせて殺害した疑いが持たれています。母親は階段の手すりにかけた紐で首を吊って亡くなっており、警察は現場にあった書き置きなどから母親による無理心中とみています。