東福岡、就実が3回戦へ

全日本高校バレー第2日

© 一般社団法人共同通信社

東福岡―東亜学園 第1セット、ポイントを奪い喜ぶ東福岡の選手たち=東京体育館

 バレーボールの全日本高校選手権第2日は6日、東京体育館で2回戦が行われ、男子で前回覇者の東福岡が2―0で東亜学園(東京)を下し3回戦に進んだ。女子で2連覇を狙う就実(岡山)も細田学園(埼玉)にストレート勝ちした。

 男子で前回準優勝の駿台学園(東京)は仙台商(宮城)に2―1で、全国高校総体優勝の鎮西(熊本)は埼玉栄に2―0で勝った。総体4強の清風(大阪)は県岐阜商にストレート負けした。

 女子で高校総体覇者の下北沢成徳(東京)は城南(徳島)を2―0で退けた。

就実―細田学園 第2セット、スパイクを放つ就実・深沢め(4)=東京体育館