広陵町南で住宅全焼 焼け跡から1人の遺体 高齢の妻か

© 奈良テレビ放送株式会社

 6日未明、広陵町で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかったほか1人が重傷です。

  6日午前3時40分頃、広陵町南の住宅で「2階の窓から炎が上がっている」と119番通報がありました。

火はおよそ5時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅およそ88平方メートルが全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

警察によりますと、この家には高齢の夫婦が住んでおり、夫の松下進さん(86)は病院に搬送され重傷だということです。

警察は松下さんの70代の妻と連絡がとれないことから、遺体を松下さんの妻と見て身元の確認をすすめるとともに、出火の原因を調べています。