全国に靴下専門店を展開 「タビオ」創業者夫妻 車にはねられ死亡

© 奈良テレビ放送株式会社

 6日夕方、広陵町の町道で道路を横断していた夫婦が軽トラックにはねられ死亡しました。亡くなった男性は全国に靴下専門店を展開する会社の創業者だといいます。

6日午後6時30分ごろ、広陵町三吉の町道で、道路を歩いて横断していた越智直正さん(82)と妻の麗子さん(71)が、西から走ってきた軽トラックにはねられました。2人は病院に搬送されましたが、約1時間後に死亡が確認されました。

警察は、軽トラックを運転していた田原本町大網の会社員・出口博章容疑者(45)を過失運転致死の疑いで逮捕しました。出口容疑者は「前方の安全確認を怠ってしまった」と、容疑を認めているということです。現場は片側2車線の見通しの良い直線道路で、横断歩道はありませんでした。

亡くなった越智直正さんは、靴下専門店「靴下屋」を全国に展開するタビオの創業者で、当時、代表取締役会長だったということです。