海竜展でオリジナル缶バッジやシールをゲット 閉幕の1月10日までの3日間、福井県立恐竜博物館でイベント

© 株式会社福井新聞社

子どもたちでにぎわう特別展「海竜~恐竜時代の海の猛者たち~」=2021年7月16日、勝山市の福井県立恐竜博物館

 福井県勝山市の福井県立恐竜博物館で開かれている特別展「海竜~恐竜時代の海の猛者たち~」は1月10日、閉幕する。同博物館は8~10日に「ファイナルイベント」と銘打ち、入場者限定でオリジナル缶バッジ作りの無料体験企画などを行う。

 缶バッジ作りは3日間とも午前9時からと、午後1時からの2回行う。各回先着250人限定で、4種類の図柄から一つ選んで名前や日付を入れる。また、入場者全員にオリジナルシールを1枚ずつプレゼントする。

⇒世界初&日本初が続々!ここがスゴい海竜展

 特別展は、絶滅した海生爬虫(はちゅう)類にスポットを当てた企画。全長約13メートルのモササウルス類「ティロサウルス・プロリゲル」の複製全身骨格化石や、魚竜類「ショニサウルス・シカニエンシス」の約4メートルの頭部の復元模型など約80点の標本を展示している。

 観覧料は一般1300円、高校・大学生800円、小中学生600円、70歳以上500円で、常設展も入場できる。新型コロナウイルス対策で入館には事前予約が必要。問い合わせは同博物館=電話0779(88)0001。