国会、オミクロン対策が争点

与野党、参院選にらみ論戦

© 一般社団法人共同通信社

通常国会の主な争点

 第208通常国会は17日に召集される。オミクロン株の感染者が急増する新型コロナウイルス対策が最大のテーマ。夏の参院選をにらみ、「まん延防止等重点措置」の適用を余儀なくされた政府、与党と、感染源との指摘がある在日米軍基地など、水際対策の不備を追及する野党が激しい論戦を展開する。国会議員に月額100万円が支給される「文書通信交通滞在費」の見直しや、憲法改正も争点になりそうだ。

 会期は6月15日まで150日間となる。17日は首相の施政方針演説など政府4演説を実施。これを受け、衆参両院で各党代表質問が行われる。