保管庫の銃弾5発足りず 紛失か

奈良西警察署

© 奈良テレビ放送株式会社

奈良西警察署で保管されていた拳銃の実弾5発がなくなっていることがわかり、県警が7日、発表しました。県警は実弾の行方や詳しいいきさつなどを調べています。

県警によりますと7日午前10時30分頃、奈良西警察署内にある拳銃などの保管庫で行われていた一斉点検で、署員が実弾5発不足していることに気付きました。奈良西警察署が2021年2月に一斉点検を行った際には、実弾の数に問題はなかったということです。保管庫は普段、施錠されていて入る際には立会人が必要だということです。

県警では署員などに聞き取りを行い持ち出しと紛失の両面から調べています。

県警施設装備課の松本幸三次席は

「多大なご心配、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。事実関係について徹底した調査を行ってまいります」

とコメントしています。