県立医大病院医師の男を逮捕

スカート内を盗撮疑い

© 奈良テレビ放送株式会社

女子高校生のスカート内に盗撮目的でスマートフォンを差し入れた疑いで、県立医大附属病院の医師が8日、逮捕されました。

県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、県立医科大学附属病院の医師、古川政統容疑者38歳です。

警察によりますと古川容疑者は7日午後8時ごろ、近鉄大和八木駅構内の上りエスカレーターで、県内に住む17歳の女子高校生のスカート内に、盗撮する目的でスマートフォンを差し入れた疑いがもたれています。

古川容疑者の不審な動きに気づいた女子高校生が付近の駅員に助けを求め、発覚したといいます。調べに対し古川容疑者は、

「若い女の子が身に着けているパンツに興味があった」などと供述し、容疑を認めているということです。