御所市議を現行犯逮捕

免停中に運転し事故

© 奈良テレビ放送株式会社

免停処分を受けているにもかかわらず車を運転して事故を起こした疑いで9日、御所市議会議員が現行犯逮捕されました。

無免許運転の疑いで現行犯逮捕されたのは御所市議会議員の松浦正一容疑者73歳です。

警察によりますと9日午前11時ごろ、御所市内の交差点で車同士が衝突する物損事故を起こしたと警察に連絡がありました。

事故処理をしようとした警察官が免許証の提示を求めたところ 松浦容疑者の無免許運転が発覚したということです。

松浦容疑者は交通違反の累積で2021年12月21日から90日間の免許停止処分を受けていました。松浦容疑者は「免停中なのはわかっていた。郵便局に車で行こうとした」と容疑を認めているということです。

この記事はいかがでしたか?