スペイン、中国製キット回収要請

コロナ抗原検査で偽陽性増加か

© 一般社団法人共同通信社

 【パリ共同】スペイン医薬品・医療機器庁は10日までに、中国企業製の新型コロナの抗原検査キットに関し、実際には感染していないのに陽性となる「偽陽性」の増加を招いている可能性があるとして、国内での販売停止と市場からの自主回収を求めた。

 中国の「ジェンルイ・バイオテック」社製のキットで、同庁は調査を始めた。

 アイルランドの当局も同様に販売停止と自主回収を勧告した。

 一方、スペインのサンチェス首相は10日、ラジオのインタビューで、薬局で販売されている抗原検査キットの価格高騰を踏まえ、政府が価格を規制すると表明した。昨年末からの感染再拡大で、品不足が生じている。