奈良市三条通り 県内初 民間のPCR検査センターがオープン

© 奈良テレビ放送株式会社

 新型コロナの感染が急拡大するなか、奈良市の三条通りに13日、県内ではじめての民間のPCR検査センターがオープンしました。

 民間のPCR検査センターができたのは、奈良市下三条町の三条通りです。

住宅や介護、福祉事業を手掛け、全国でPCR検査センターを展開する「木下グループ」が開設しました。検査センターは完全予約制で、唾液を調べるPCR検査と、鼻の粘液を採取して検査を行う抗原定性検査の2種類を受けることができます。PCR検査は翌日中に、抗原定性検査は約30分で結果が通知されるといいます。

検査を受けた人は_

「(新型コロナの検査を)奈良でやっているところがあるのかなって探していたら、たまたま見つけたので、ネットで予約ができるという事でしたので、それで検査しました。(検査結果が)早めにわかるからいいのかなと思いました」

木下グループ新型コロナ検査センター・桑原稔樹さん

「感染者が増えてきて、皆さま不安を抱えている部分が多いと思いますので、お気軽にご利用いただいて、皆さまの安心のために(検査を)やっていただきたいと思います。」

 なお、このセンターでは、県民は免許証などの身分証明書を提示し、所定の申込書に記入することで、奈良県による無料検査を受けることが可能ということです。また、検査結果は一部を除き、旅行やイベントなどで陰性証明として利用できるということです。