マイクロソフト、「Xbox One」の生産終了 新型機に注力

© ロイター

[13日 ロイター] - 米マイクロソフトは13日、ゲーム機「Xbox One」の生産を完全に停止したと明らかにした。新型機の生産に注力するためだと説明した。

同社は2020年11月に新型機「Xbox シリーズX」と廉価版の「シリーズS」を発売。これに先立ち「One X」、「One S」の生産を終了した。

Xbox販売部門の幹部、シンディー・ウォーカー氏は「シリーズX/S」の生産に注力するため、「One」の生産は2020年末までに全面的に停止したと述べた。

生産停止についてはオンラインニュースサイトのVergeが最初に伝えていた。

自動車、エレクトロニクスなどさまざまな業界は昨年から深刻な半導体不足に陥っており、一部の製品で生産の遅れが生じている。

昨年11月、日本経済新聞は、任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2022年3月期の生産が、半導体などの部材調達難で当初計画を20%下回る見通しと伝えている。