北朝鮮、新たな米制裁に反発 ミサイル発射「正当な自衛の権利」

© ロイター

[ソウル 14日 ロイター] - 北朝鮮外務省は声明を出し、ミサイル発射実験は正当な自衛の権利だと主張、米国は新たな制裁によって意図的に事態を緊迫化させていると非難した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が14日に伝えた。

外務省の報道官は声明で、最近の「新種」の兵器開発は国の防衛能力を近代化する取り組みの一環にすぎず、特定の国を標的にしたり、近隣諸国の安全保障を損ねるものではないと表明した。

北朝鮮は一連の発射実験について、「極超音速ミサイル」の試射に成功したとしている。

声明は、米国の制裁について、外交や対話を持ち出しながらも、北朝鮮を「孤立化させ、抑えつける政策に依然注力」している証左だとし、北朝鮮の正当な自衛の権利を米国が非難するのは「明らかに挑発的で、ギャングのような論理」だと訴えた。

米国が対立姿勢を取るなら「一段と強硬かつ確固とした反応」をせざるを得ないとしたが、詳しい説明はなかった。