中山秀征 三男の言葉にショック芸能界入り目指すも「パパぐらいでいい」

© 株式会社神戸新聞社

番組に出演した中山秀征(左)と生島ヒロシ

 タレントの中山秀征(54)が14日、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜、前5.00)に出演し、三男の言葉にショックを受けたエピソードを語った。中山は元宝塚歌劇団星組トップ娘役の白城あやかさん(54)と1998年に結婚。22歳の長男を筆頭に男の子ばかり4子をもうけている。

 中山は「小さい時から芸能界にすごく憧れのあった三男に『どういうタレント、アーティストになりたいんだ?』と聞いたところ、『そうだな。パパぐらいでいい』て言ったんです。どう捉えたらいいんですかね?」とパーソナリティーの生島ヒロシ(71)に逆質問した。

 生島は「難しいところですね」と苦笑いしたが、「『あまり行き過ぎると(有名になると)、命を狙われる可能性がある。パパぐらいなら安心だ』って言うんですよね。『土日は少年野球の送り迎えが出来て、そんな普通のところがいい』って言うのがありましたね」と笑いながら暴露した。

 そのほか、タレント井森美幸(53)とともに「大使」をつとめている故郷・群馬県トークや、1983年に渡辺プロダクションの新人募集オーディションに歌手として合格しながらバラエティー路線へ進んだ経緯など、爆笑トークを繰り広げた。21日も出演する。