新体制披露の新年互礼会を開催 67年目を迎えた山口青年会議所

© 株式会社サンデー山口

 40歳までの青年経済人で構成される山口青年会議所(以下JC)は1月12日、来賓やOB会員らを招き、今年1年の新体制を披露する新年互礼会を開催。約110人が参加した。

 例年は「新春パーティー」として、新体制の披露とともに懇親会も催されるが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、昨年に続き今年も、式典のみの開催とした。

 67代目となる2022年度の理事長に就任したのは北條榮太郎さん(近江屋副社長)で、今年のスローガンは「Enjoy the new era!!~自分と未来を創造しよう」とした。「new era」とは「新時代」という意味。新型コロナウイルス感染症により、これまでの「常識」が通用しなくなった今だからこそ、「明るい豊かな社会」の実現を理念に掲げる青年経済人の団体・山口JCが、強い情熱と行動力で新しい時代に立ち向かい、そして楽しんでみせるとの思いを込めた。具体的には、少子化対策や選挙投票率の向上などに取り組んでいく。

▲所信表明する北條理事長

 また今年度は、山口県内12JCの連合組織である「山口ブロック協議会」の会長に、同JCの松田年通さん(山口大神宮権禰宜)が就任した。それに伴い、同協議会には「運営団」ら計13人が「出向」。さらに、「日本JC」には10人、「中国地区協議会」には3人が「出向」する。「『出向』は、個人としての成長、そして組織としての成長につながる」と北條理事長。

本年度の役職者は次の通り。(敬称略)

  • 理事長=北條榮太郎
  • パースト理事長=松田年通
  • 直前理事長=金子賢二(BaseProsper代表取締役)
  • 副理事長=梅林威男(つちや産業取締役)▽石橋克星(さくら商店やまぐち店店主/やまぐち不動産コンサル代表)▽河野貴史(長州物産社長)▽真庭孝雄(古熊神社禰宜)▽野上宙樹(第一綜合小郡事務所所長)▽中村優弥(C-UNIT塗装リフォーム代表/オールソルシア代表取締役)
  • 専務理事=舛野圭輔(シュガーウェブ代表取締役)
  • 監事=堀本元気(元気鍼灸院・ほぐしの元院長)▽田邊隆文(萩山口信用金庫係長)
  • JCブランディング委員会委員長=長嶺龍(テレビ山口課長)
  • インナーコミュニケーション推進委員会委員長=柳井綾(Lounge Doris代表)
  • 地域創生委員会委員長=上村昇平(アーサーヒールバン)
  • 地域価値創造委員会委員長=竹川勇人(いすゞ自動車中国四国山口支社山口支店山口営業グループグループリーダー)
  • 青少年開発委員会委員長=行本幸雅(ワイケイシイ代表取締役)
  • グローバルコミュニケーション推進委員会委員長=古谷大樹(中国設備工業代表取締役)
  • 総務渉外委員会委員長=嵯峨崇史(販促管理研究所代表)
▲役職者はみな入れ替わりつつ登壇