公職選挙法違反の疑い 前川清成衆議院議員を書類送検

© 奈良テレビ放送株式会社

 去年10月の衆議院選挙で自身への投票を呼びかける選挙はがきなどを公示前に送ったとして県警が14日、比例近畿ブロックで当選した日本維新の会の前川清成衆議院議員を公職選挙法違反の疑いで書類送検したことが分かりました。

 捜査関係者によりますと日本維新の会の前川清成衆議院議員(59)は、去年10月の衆議院選挙の公示前に、自身への投票を呼びかける内容が記載された選挙はがきなどを、本人が指示して母校である関西大学の卒業生らに送った疑いがもたれているということです。

なお、取材に対し前川議員は次のように話しています。

前川清成衆議院議員

「公職選挙法でいうところの『準備行為』をしただけだ。責任を取って辞職するということは致しません。今回の捜査の違法性・不当性を訴えて戦っていこうと思います。書類送検は大変不当だと私は考えております。」