過去最多390人、熊本県内の新規感染 新型コロナ、30市町村で確認

© 株式会社熊本日日新聞社

 熊本県と熊本市は14日、新たに390人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。昨年8月20日の317人を超え、過去最多。感染者の累計は1万5623人(うち熊本市8939人)となった。

 1週間前の7日からは12・6倍と大幅に伸びている。県内30市町村で感染が確認されており、幅広い地域で拡大が進んでいる。

 クラスター(感染者集団)は新たに2例発生。熊本市南区のダンススクールで、12日までに生徒と保護者計10人の感染を確認した。天草市の保育園でも13日に園児8人の陽性が判明した。県内のクラスターは151例となった。

 新規感染者の居住地別は、熊本市201人▽八代市42人▽山鹿市21人▽大津町16人▽合志市13人▽菊陽町11人▽阿蘇市、天草市各10人▽菊池市9人▽益城町7人▽人吉市、宇土市各6人▽玉名市5人▽宇城市、多良木町各4人▽御船町、芦北町各3人▽荒尾市、球磨村各2人▽南関町、長洲町、高森町、西原村、嘉島町、甲佐町、山都町、氷川町、錦町、相良村、あさぎり町、東京都、千葉県、兵庫県、和歌山県各1人。

 年代別は10歳未満21人▽10代64人▽20代173人▽30代47人▽40代41人▽50代19人▽60代12人▽70代7人▽80代6人。

 熊本市教育委員会は新たに、小学校2校の各1学級、中学校1校の1学年の閉鎖を明らかにした。

 県内の14日時点の療養者は前日比357人増の1008人。内訳は入院140人(中等症16、軽症106、無症状13、確認中5)、宿泊療養292人、自宅療養204人、入院調整中21人、宿泊療養調整中171人、療養先調整中180人。

 県内病床使用率は2・0ポイント上昇し17・2%。熊本市は0・4ポイント上がって14・0%だった。(内田裕之、河内正一郎)

熊日電子版「データで見える熊本県内感染状況」
※集計時間等が異なるため、最新の記事とは人数が違う場合があります。