ジャワ島西方沖でM6.6の地震

インドネシア、首都でも揺れ

© 一般社団法人共同通信社

14日、インドネシア・バンテン州で、地震により損壊した建物(国家災害対策庁提供・共同)

 【ジャカルタ共同】米地質調査所(USGS)によると、インドネシア・ジャワ島西方沖で14日午後4時5分(日本時間同6時5分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の地震があった。インドネシア気象当局によると、津波の恐れはない。余震が続いており、警戒を呼び掛けている。

 国家災害対策庁によると、ジャワ島西部バンテン州では複数の家屋が損壊。在インドネシア日本大使館によると、日本人の負傷情報は寄せられていない。

 首都ジャカルタでも1分以上揺れが感じられ、オフィスビルなどから多くの人が避難した。

 震源はバンテン州の州都セランの南西134.8キロ、震源の深さは37.2キロ。