ディリジェント、必須洞察・分析の主要SaaSプロバイダーのインサイティアを買収

© ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

この買収により、進化し続ける株主アクティビズム、委任投票、コーポレートガバナンスの分野で優れた意思決定を促進するディリジェントのデータ、分析、ESGサービスが強化されます

ニューヨーク & ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ガバナンス、リスク、コンプライアンス、ESGを通じたSaaSソリューションを提供するモダン・ガバナンスの世界的リーダーのディリジェントは本日、株主アクティビズム、委任投票、コーポレートガバナンスに重点を置いて上場企業のエキスパート洞察とインテリジェント分析を提供する主要SaaSプロバイダーのインサイティアを買収したと発表しました。取引の金銭的条件は開示されていません。

2020年にアクティビスト・インサイトとプロクシ・インサイトが合併して設立されたインサイティアは、世界的な公開会社の情報の単一ソースを、さまざまなグローバルな投資銀行、法律事務所、委任状勧誘者、その他の企業顧問に提供しています。代表的なクライアントには、PJTキャンバービュー、グラス・ルイス、モロー・ソダリ、FTIコンサルティング、ジョージソンが含まれます。

ディリジェントの主要なガバナンス、分析、ESGソリューションをインサイティアのさまざまな公開会社データに及ぶ極めて重要なインテリジェンスと統合することで、クライアントには、取締役会や組織のガバナンス慣行を強化するためのさらに有意義な洞察がもたらされます。クライアントは、取締役会の構成、経営者報酬、サプライチェーン・デューデリジェンス、ESG基準およびフレームワークに及ぶ分野で、組織リスク評価とデータツールの豊かなエコシステムにアクセスできるようになります。ディリジェントはまた、当社のBoardsアプリケーション内にアクティビスト投資家アラートを追加し、クライアントのアクティビズムに対する脆弱性の監視を向上させるなど、インサイティアとの広範にわたる潜在的なソリューション統合も進めていきます。

ディリジェントのブライアン・スタッフォード最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「取締役やビジネスリーダー、投資家との定期的なやり取りから、最も包括的で関連性の高いデータにアクセスできることが、より適切な助言と自信を持った意思決定を促進することを私たちは理解しています。だからこそ私たちは、特に株主エンゲージメントが急速に進化している市場を背景に、インサイティアの豊富な経験と市場をリードするインテリジェントな分析を取り込めることを非常にうれしく思います。現在および将来のお客さまは、成功する公正で持続可能な組織を構築し続けられるように、最も重要な問題に関するさらなる洞察を期待することができます。」

インサイティアの共同創立者でCEOのケリー・ポーグは、次のように述べています。「私たちは、インサイティアの成長プロセスのこの次の段階において、主要なSaaS組織としてのディリジェントの専門知識とリソースを活用することに大きな期待を感じています。当社の能力とディリジェントのガバナンス、分析、ESGソリューションを組み合わせることは、当社がお客さまのためにサービスを世界的に拡大しようとする中で、説得力のある次のステップです。両社は、戦略と文化の観点から非常に補完的であり、当社のチームはディリジェントの一員になり、私たちの使命の展開を加速することを楽しみにしています。」

ディストリクト・キャピタル・パートナーズが唯一の財務顧問を務め、ウィルキー・ファー・アンド・ギャラガーがディリジェントの法律顧問を務めました。テイラー・ウェッシングがインサイティアの法律顧問を務めました。

ディリジェント・コーポレーションについて

ディリジェントは、モダン・ガバナンスの世界的リーダーであり、ガバナンス、リスク、コンプライアンス、ESGにわたるSaaSソリューションを世界の2万5000を超える顧客のユーザー100万人以上に提供しています。当社の革新的技術は、組織全体のガバナンス、リスク、コンプライアンス、ESGについて、リーダーが連関的に把握できるようにし、より良い意思決定を行い、目的を持ってリードするために必要な洞察を刺激します。詳細については、diligent.comをご覧ください。

インサイティアについて

ロンドンに本社を構えるインサイティアは、2020年にアクティビスト・インサイトとプロクシ・インサイトが合併して設立されました。両社は共に過去10年間にわたって、さまざまな株主アクティビズム、株主投票、コーポレートガバナンスのデータを世界中のクライアントに提供してきました。インサイティアの使命は、時宜にかなったインテリジェンスを主要なステークホルダーとその顧問に提供することにより、エンゲージメント、スチュワードシップ、コーポレートガバナンスを向上させることです。詳細については、insightia.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media
Samuel Barber
Cognito
+1 917 246 2775
Samuel.Barber@cognitomedia.com