立崎芙由子ら4人、代表入りへ

バイアスロン女子

© 一般社団法人共同通信社

立崎芙由子

 バイアスロンの女子は14日、北京冬季五輪の国・地域別出場枠を争う大会が全て終了し、立崎芙由子、前田沙理、蜂須賀明香、田中友理恵(いずれも自衛隊)の代表入りが確実となった。立崎芙は4大会連続、残り3人は2大会連続の五輪代表となる。

 日本はワールドカップ(W杯)などの成績を元にした国・地域別ランキングで19位となり、4枠を獲得。関係者によると、日本連盟はW杯などの結果に基づく世界ランキング上位を五輪代表に選出すると定めており、立崎芙らが選ばれることになる。日本連盟は16日に男女の代表選手を発表する予定。