大学入学共通テストはじまる

© 奈良テレビ放送株式会社

今回で2度目の実施となる大学入学共通テストが15日から始まりました。

大学入学共通テストは、15日から2日間の日程で行われ、県内では11の会場で約6200人が試験に臨みます。このうち奈良市にある奈良女子大学でも朝から続々と受験生が訪れました。受験生は「重い問題集をあれだけやったんだということをちゃんと思い出して自分のベストを尽くせたらいいなと思います」「時間配分に気を付けて頑張りたいと思います」と話しました。試験は、15日が地理歴史・公民と国語、外国語、16日は理科と数学が行われます。また、新型コロナウイルス対策として、大学入試センターでは、昼食時以外は常にマスクを正しく着用することや、体調不良の場合は無理をせず追試験を申請することなどを呼びかけています。