米、ロの侵攻に備え緊急対応策

ウクライナ情勢巡り

© 一般社団法人共同通信社

14日、ウクライナ東部ドネツク州で、周辺を監視する親ロシア派武装勢力の兵士(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米政権は緊迫するウクライナ情勢を巡り、ロシア軍が侵攻した場合に備えた緊急対応策の取りまとめを本格化させた。複数のメディアが14日までに報じた。欧米の対ロシア制裁で、ロシアに依存する欧州の天然ガス供給が大きな影響を受けることを見据えて国際エネルギー企業との協議を開始し、大規模金融制裁の検討も進めているとされる。

 バイデン政権内には、14年にロシアがウクライナ南部クリミアを一方的に編入するなどした際、当時のオバマ米政権の制裁などが不十分だったとの反省があるという。今回、ロシアを強くけん制する狙いがあるが、緊張を一層高める恐れもある。