中国・丹東に北朝鮮の貨物列車…コロナ封鎖から2年ぶり

© デイリーNKジャパン

北朝鮮が新型コロナウイルスの流入防止のためとして国境を封鎖した後、24カ月ぶりに北朝鮮から中国に入った列車は20両編成の貨物列車であると伝えられた。平安北道(ピョンアンブクト)の新義州(シニジュ)と中国遼寧省丹東を結ぶ陸路貿易が2年ぶりに再開されるか注目される。

韓国デイリーNKは16日午前、在中国の情報筋を通じて、北朝鮮から入った貨物列車が丹東駅に停車している事実を確認した。

情報筋は中国公安の厳しい警戒をくぐり抜け、丹東駅付近から、貨物列車の様子をカメラに収めた。

情報筋によると、列車は同日午前9時ごろ、北朝鮮と中国を結ぶ朝中友誼橋を渡って担当に入った。情報筋が撮影した写真と映像には、白い防護服を着た人々が防疫装備を持ち、北朝鮮から入った古い貨物列車の脇を行き来する姿が捉えられている。

計20両の貨物列車は、機関車と1両の客車、そして18両の貨車両編成されている。客車には北朝鮮側の防疫要員と貿易関係者が乗っていたと見られる。

一方、貨車の一部に荷が載せられていたのか、完全なカラ荷だったのかは確認されていない。

北朝鮮と取引してきた中国の貿易業者らは、2年ぶりに北朝鮮から中国に入った貨物列車が「食糧と一部の防疫物品を載せて、すぐに朝鮮(北朝鮮)に戻るだろう」と伝えた。貨車ほとんどが食料品で満たされるというのが中国貿易業者の共通の認識だ。

一方、北朝鮮内部でも、中国との陸路貿易がすぐに再開されるとの観測が出ている。

新義州在住の情報筋は韓国デイリーNKの電話取材に対し、「今朝、中国側に列車が向かう様子を目撃した人々が多い」とし、「3、4日前から新義州でも中国行の列車が動くかもしれないという話が出たていた」と伝えた。

北朝鮮当局が防疫拠点として建設した義州(ウィジュ)の防疫施設が完成し、新義州税関も防疫と関連した準備を終えた状態だというのが情報筋の説明だ。

しかし、北朝鮮内部の貿易会社を通じて確認した結果、北朝鮮当局は最近、各貿易会社に対して具体的な貿易指針を通達していないもようだ。そのため、今回の貨物列車の運行が、陸路貿易の本格的な再開を意味するものかどうかを見極めるには、もう少し動向を見守る必要がある。