世界最高峰ドラマー、サイモン・フィリップスが自身のソロ・プロジェクト「プロトコル」シリーズ第5弾リリース決定

© ユニバーサル ミュージック合同会社

©Stephanie Cabral

TOTOやマイケル・シェンカー・グループ、ホワイトスネイクやザ・フーといった錚々たるグループで活躍し、近年は上原ひろみザ・トリオ・プロジェクトにも参加するなどジャンルを超えて今なお最前線で活動を続けるドラム・レジェンド、サイモン・フィリップス。

彼が1988年から続けている自身のソロ・プロジェクト「プロトコル」シリーズの第5弾となるニュー・アルバム『プロトコル V』のリリースが決定した。

2017年の『プロトコルIV』以来、約5年振りとなる本作は、前作にも参加したアーネスト・ティブス(b)に加え、元ジョン・マクラフリン・バンドのオトマロ・ルイーズ(key)、スティーヴ・ヴァイにも絶賛される期待の若手アレックス・シル(g)、ロベン・フォードやクリスチャン・スコットと共演し、ポストモダン・ジュークボックスにも参加しているジェイコブ・セスニー(sax)といった、気鋭のミュージシャンが集結。今作も期待を裏切らない熱いハード・フュージョン/ジャズ・ロックの世界が繰り広げられている。

『プロトコル V』について、サイモンは「私は12歳の頃からツアーに出ていて、音楽理論について学ぶ機会が無かったので独学なんだよ。普段は作曲にキーボードを使っていて、頭に浮かんだものを書き留めている。作曲がメロディから始まる時もあれば、コード進行から始まる時もあるけれど、リズムから始まることはほとんど無い。それでも時には意外なところから曲に繋がっていくこともあって、1曲目の「ジャガナス」のイントロはモーグ・シンセサイザーをいじっているうちに弾いた音をアルペジオで並べて出来た曲なんだ」とコメント。

楽曲は全てサイモンによる新曲(一部共作を含む)。今月から新作をひっさげた米国ツアーも開催予定だ。

■リリース情報

サイモン・フィリップス AL『プロトコル V』

2022年3月2日発売 UCCU-1659 SHM-CD ¥2,860(tax in)

予約・詳細はこちら→jazz.lnk.to/Simon_Phillips_ProtocolVPR