中国のGDP、2千兆円に

米猛追も発展は曲がり角

© 一般社団法人共同通信社

不動産開発が行われる北京市内の建設現場=10日(共同)

 【北京共同】中国国家統計局が17日発表した2021年の名目国内総生産(GDP)は114兆3670億元(約2千兆円)に上った。前年から13兆元増加し、世界最大の米国を追い上げる。

 一方で、物価変動の影響を除く実質GDPは、21年10~12月期に前年同期比4.0%増と3四半期連続で鈍化。経済が減速する中で欧米との摩擦を強め、国内では民間企業の活力をそぐ規制強化が進むなど、中国の発展モデルは曲がり角を迎えている。

 米国の20年の名目GDPは20兆8940億ドル(約2390兆円)だった。日本のシンクタンクは33年には米中のGDPが逆転すると予測する。