【ドリンク1杯目が1円のオープンキャンペーン中】『ほぼ新宿のれん街 倉庫別館』が1月17日よりプレオープン!

© Daily Shinjuku

新宿・代々木の新名所である古民家十棟丸ごと横丁『ほぼ新宿のれん街』は、第3期増床オープンとして『ほぼ新宿のれん街 倉庫別館』を2022年1月17日17:00からプレオープン。詳細をご紹介します。

“日本初”の倉庫丸ごと横丁区画『ほぼ新宿のれん街 倉庫別館』がプレオープン

『ほぼ新宿のれん街 倉庫別館』は、新宿駅南口と代々木の間にある『ほぼ新宿のれん街』の第3期増床区画としてオープン。“日本初”の倉庫丸ごと横丁区画となっており、個性豊かな7店舗で楽しく呑み喰いできる大人の「アソビ場」になっています。

『ほぼ新宿のれん街 倉庫別館』では、プレオープンに合わせ『最初の一杯目のドリンク1円』キャンペーンを実施。

キャンペーン画像や同じ内容のSNS画像を提示、またはオープニング期間中に配布するティッシュの持参により、『ドリンク1杯目が1円』となります。

『ほぼ新宿のれん街 倉庫別館』に出店する7店舗

【A区画】「冨士乃馬」(大衆馬肉酒場)

水道橋にある「大衆馬肉酒場 冨士山」の新業態。馬刺しや馬すじの煮込み、馬ホルモンなど様々な調理法の馬肉料理がいただけます。

【B区画】「ニュースター」(大衆食堂×酒)

「ニュースター」は、昭和感あふれる大衆街中華食堂。名物である皿シュウマイや中華そば、メガチャーハンのほか、オムライスやカニクリームコロッケなどの洋食メニューもいただけるお店です。

【C区画】「ホンデポチャ」(韓国料理)

新大久保に本店を構える本格的韓国居酒屋「ホンデポチャ」。チーズフォンデュやタッカルビなどの定番メニューからオリジナルのエビチーズフォンデュまで最新の韓国料理が楽しめます。

【D区画】「豚肉洋食倶楽部イロハ」(スペアリブ)

「豚肉洋食倶楽部イロハ」は、名物の『スペアリブ』などの豚肉料理や女性に嬉しいスイーツをつまみにした『甘味ツマミ』がいただけます。

【E区画】「ウミドリ」(マグロとトリ)

「ウミドリ」は、マグロと鶏肉をメインにした大衆酒場。広島レモン、青森カシス、高知生姜を使った自家製のこだわりサワーがいただけます。

【F・G区画】「スシンジュク」(寿司居酒屋)

新宿三丁目にある寿司居酒屋『スシンジュク』を、より呑める寿司屋に昇華させたお店。江戸前鮨を根底に、寿司の新しい形「進化系スシ」が楽しめます。

【H区画】「ヤキガキヤ」(牡蠣とワイン)

「ヤキガキヤ」では、生牡蠣と焼き牡蠣が1個300円でいただけます。 2階にはダーツを完備しています。

『ほぼ新宿のれん街 倉庫別館』詳細

■施設名:ほぼ新宿のれん街 倉庫別館
■オープン: 2022年1月17日(月)17:00 プレオープン
■所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-10
■出店店舗一覧:冨士乃馬 / ニュースター / ホンデポチャ / 豚肉洋食倶楽部イロハ / ウミドリ / スシンジュク / ヤキガキヤ
■人気メニュー:サーモンの刺身、特製もつ鍋、炭火香るじとっこ風もも焼き、焦がし醤油が香る大人のエリンギステーキ
公式サイトはこちら

【新宿の居酒屋に関連する記事】