北ミサイル固体燃料の短距離弾

「安保理決議違反」と松野氏

© 一般社団法人共同通信社

記者会見する松野官房長官=18日午前、首相官邸

 防衛省は18日、北朝鮮が17日に発射した弾道ミサイルに関し、固体燃料を用いた短距離弾道ミサイルとみられると発表した。松野博一官房長官は記者会見で、ミサイル発射について「国連安全保障理事会決議に違反するものだ」と批判した。岸信夫防衛相も会見する。

 北朝鮮による発射は今年に入って4回目で、日本政府は17日、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議した。岸田文雄首相は17日の自民党会合で「誠に遺憾だ。強く抗議した」と述べた。

 日米韓は17日、北朝鮮担当高官による電話協議を実施。北朝鮮の核・ミサイル開発に「強い懸念」を共有した。