ラウル・フェルナンデス、サム・ロウズが韓国のHJCヘルメットと契約/MotoGP

© 株式会社サンズ

 1月15日、韓国のヘルメットメーカーであるHJCヘルメットは、Moto2ライダーのサム・ロウズ(ELF MARC VDS RACING TEAM)と2022年から契約を締結したことを発表した。また、MotoGPライダーのラウル・フェルナンデス(テック3KTMファクトリー・レーシング)も2022年からHJCヘルメットに変更するようだ。

 1971年に設立されたHJCヘルメットは、一般ユーザーからMotoGPライダーまでも愛用する韓国のヘルメットメーカーだ。最高峰クラスにエントリーするライダーではポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)、ブラッド・ビンダー(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)、テストライダーではカル・クラッチロー、ミカ・カリオが使用している。

ミニオンズのスペシャルヘルメットを使用するポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)

 また、HJCは2016年第11戦チェコGPの際に、ヘルメットメーカーとして初めてMotoGPレースのスポンサーとなり、以降もタイトルスポンサーを飾っている。

 そして今回、SHARKヘルメットを使用していたロウズとフェルナンデスがHJCヘルメットを2022年から使用することとなった。フェルナンデスについては正式発表はまだないが、1月7日に自身のSNSでHJCヘルメットについて言及している。

ラウル・フェルナンデス(テック3KTMファクトリー・レーシング)/2022MotoGPヘレス公式テスト

 両者はFIM(国際モーターサイクリズム連盟)で承認を受けたフルフェイスの『RPHA 1』、『RPHA 1 GP』、『RPHA 01R』を使用することになる。