古民家リノベの美食空間「RESTAURANT HYENE」で個性的フレンチを味わう

© 株式会社マイナビ

表参道の路地裏にある古民家をフルリノベーションした、イノベーティブフレンチのおまかせコースのみを提供する「RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)」が2021年11月29日にグランドオープン。メディア向け試食会でお店の雰囲気と個性溢れる料理を味わってきた。

「RESTAURANT HYENE」とは?

お店の場所は、東京メトロ各線「表参道駅」のA1出口から徒歩7分、「明治神宮前駅」の6番出口から徒歩4分ほど。大通りから路地裏に入ると、築70年を越えているという昭和レトロな古民家が現れた。看板は出ておらず、代わりに「HYENE前」と書かれたバス停オブジェが目印として入口に置かれている。

店内に入ると、外観からは想像もつかない洗練された空間が広がっていた。座席は1階のカウンターに8席、2階の個室(6名まで)の計14席。

厳選された食材を使った12品の「おまかせコース」(22,000円)に、日本酒をベースにした「アルコールペアリング」(8,000円)を加えると、旬の食材に合わせた日本各地の酒を楽しむことができる。また、お酒が飲めない人にも嬉しい、お茶をベースにした「ノンアルコールペアリングコース」(6,000円)も用意されている。

星付きレストラン出身シェフによる個性的なフレンチ

スタイリッシュ且つぬくもりを感じられる空間で料理の腕を振るうのは、星付きレストラン出身の木本陽子シェフ。店名の「HYENE(イェン)」は、フランス語の「ハイエナ」という意味。ハイエナは「サバンナの掃除屋」と呼ばれており、決してゴミを出さない動物なんだとか。また、社会性を持ち仲間思いで秩序を持っているという。

こうした、「ものを無駄にしない、仲間思いな性格」に合うようなレストランにしたいとの思いから店名にしたそうだ。食材はSDGsの観点から地産地消に重きを置いて仕入れており、器には有田焼を使用している。この日は、試食用のハーフコース7品と「アルコールペアリング」をいただいた。

【アミューズ】国産黒毛和牛のユッケ仕立て、タスマニアンマスタードとフランス産白トリュフ

国産黒毛和牛を使ったユッケに、フランス産白トリュフをかけて最中でサンド。木本シェフ自らカウンター越しに手渡してくれたのは、「ようこりん」とシェフの愛称が入った最中だ。食べてみるとユッケにマスタードの酸味とプチプチ感が存在感あり。

【冷前菜】小山農園さんのプチベール炭火焼き、うずらの卵のポーチドエッグと36ヶ月熟成パルミジャーノ

東京の「小山農園」から仕入れたプチベールの炭火焼きに、うずらの卵と振りかけられたパルミジャーノの濃厚さがたまらない。ペアリングの日本酒「福田 かすみ酒 純米山田錦」の乳酸感と香りがよく合う。

【温前菜】2年熟成メークインのフォンダンショコラ仕立て、高知県産国産キャビアと燻製アンチョビクリーム

掘り起こしてから2年間熟成させ、糖度を上げたじゃがいも「北海道産2年熟成メークイン」を使用したフォンダンショコラ仕立て。もっちりした食感、濃厚な旨味のアンチョビクリームが絶品。燗にした「悦凱陣 山廃オオセト無濾過生 純米酒」は、かなりインパクトのあるソースにも負けない味わいでベストマッチ。

【温前菜】フォアグラテリーヌのナゲット仕立てと青森県産銀の鴨のナゲット、紅玉ソース

フォアグラのテリーヌを日本酒でマリネして、ナゲット仕立てにした料理。遊び心たっぷりに楽しませてもらいつつ、りんご風味で低アルコールの「りんごぽむぽむ」でいただいた。ロゼワインのような飲み心地は、紅玉ソースとのマッチングでよりポップな気分にしてくれた。

【魚】唐津産寒鰆のポワレ、アサリ出汁のサフランソースと菜の花

皮目をパリッと焼きあげてポワレにした寒鰆の淡白な味が、香り高いサフランソースと相性抜群。ペアリングの「磯自慢 一滴入魂 東条山田錦 大吟醸」は、かなりドライで先ほどの甘めな「りんごぽむぽむ」とガラッと口の中が変わった感じ。

【肉】石黒さんのホロホロ鳥のロティ、高麗人参とナツメのソース

「石黒農場」のホロホロ鳥がしっとり、弾力がありジューシーで美味い! 最高の食材が存分に活かされている。燗にした「両関 山廃特別純米」の甘めな味わいでじっくり噛みしめながらいただいた。

【デザート】マンジャリショコラのスフレ、ハチミツ金柑のコンポート

64%カカオ分のチョコレートを使用したヴァローナの「マンジャリショコラ」を使ったスフレ。デザートワインのような「一ノ蔵Madenaまでな 濃醇長期熟成酒」を飲みつつ、フワフワのスフレと金柑を一緒に口に入れたらなんともいえない幸せな気分になれた。


日本文化とフレンチの技法を融合したイノベーティブスタイルをベースに、日本人の父と韓国人の母のもと東京に育ったという木本シェフならではの独自のセンス、ときに遊び心も発揮した個性溢れる料理で楽しませてもらった。頑張った仕事のご褒美や、デート、接待にも。都会の喧騒を忘れられる別世界で、旬の食材を食べ尽くしてみては。

■Information
RESTAURANT HYENE
場所:東京都渋谷区神宮前5-13-14
営業時間:18:00~23:30(完全予約制)
定休日:日曜日・月曜日

岡本貴之

おかもと たかゆき

この著者の記事一覧はこちら

この記事はいかがでしたか?