【中国】21年の携帯出荷13.9%増、5Gが7割超[IT]

© 株式会社NNA

中国工業情報省(工情省)傘下のシンクタンク、中国信息通信研究院(CAICT)は18日、2021年の携帯電話機の国内出荷台数が前年比13.9%増の3億5,100万台だったと発表した。第5世代(5G)移動通信システム対応機種は63.5%増の2億6,600万台で、全体の75.9%を占めた。

携帯のうち、スマートフォンの出荷台数は15.9%増の3億4,300万台。全体の97.7%を占めた。

21年に発売された携帯の新機種は4.3%増の483機種で、うち5G対応機種は0.9%増の227機種となった。

21年12月単月の携帯出荷台数は前年同月比25.6%増の3,340万1,000台となり、3カ月連続で前年実績を上回った。うちスマホは29.6%増の3,268万5,000台。5G対応機種は49.2%増の2,714万5,000台と全体の81.3%を占め、2カ月続けて8割を超えた。

国内ブランド携帯の出荷台数は、12月が38.5%増の2,846万6,000台、1~12月が12.6%増の3億400万台だった。市場シェアはそれぞれ85.2%、86.6%となった。