韓国観光公社「外国人の韓国旅行好感度は日本より遥かに高い」「推薦指数は韓国15.9、日本1.9」

© 合同会社WTS研究所

海外のソーシャル・オンラインメディアで韓国旅行について言及された数が日本・中国旅行に比べると少ないが、肯定的な見方についてははるかに多いことが分かった。

参考記事:韓国団体「世界1億人のテコンドー修練者を韓国広報大使に」「独島と東海表記された世界地図を8千枚配布」

韓国観光公社は最近3年(2018.1~2021.10)間における中国・香港・台湾など中華圏3カ国と主要17カ国のソーシャル・オンラインメディアに書き込まれた韓国旅行に対する認識を分析した結果、このように調査されたと19日明らかにした。

合計20カ国、13カ国語を対象に分析した結果、韓国旅行への言及数(バズ数)は528万件、共感・コメント・共有・照会数の合計数は8,687万件、韓国旅行の核心キーワードが言及された投稿のフォロワー数ベース潜在的露出量は407億件とそれぞれ推定された。

国別での言及数シェアでみると、日本が43.9%と最も多く、タイ(19.3%)、米国(11.0%)、中国(8.8%)、インドネシア(3.8%)などの順だった。

image

ソーシャルデータの感性分析の結果、韓国旅行に対する肯定比率は30.4%で否定比率(14.5%)の2倍超となった。

これは、日本旅行(650万)、中国旅行(610万)に比べると言及数は少ないが、肯定比率から否定比率を差し引いた純粋推薦指数は15.9となり、日本旅行(1.9)、中国旅行(-7.8)に比べてはるかに高かった。

また、中国・香港・台湾など中華圏3カ国と主要7カ国のインフルエンサー300人を対象に分析した結果では、全体のソーシャルデータに対するインフルエンサーの言及数比率は0.1%にとどまったが、共感やコメントなどインゲージメントの割合は40.7%と高かった。

参考記事:韓国政府が台湾長官の会議出席を直前に拒否 台湾政府は欠礼に激怒も中国紙は評価

参考記事:韓国紙「日本の若者、昔の安っぽい韓国イメージなし」「文大統領の克日発言、必要だったか?」

参考記事:韓国学会報告「韓国若者は日本の《進んだ市民意識》に好感」「反中感情は《教養のなさ》が主要因に」