カメラ展示会「CP+」、3年ぶりに横浜で開催決定 来場時はコロナ書類が必須

© 株式会社マイナビ

春恒例のカメラ展示会「CP+」が、3年ぶりにパシフィコ横浜に戻ってきます!

カメラ映像機器工業会(CIPA)は1月19日、「CP+2022」をパシフィコ横浜の会場イベントと、公式Webサイトでのオンラインイベントのハイブリッド形式で開催すると発表しました。会場イベントの期間は2月24日(木)~2月27日(日)の4日間ですが、来場にあたっては来場時間指定の事前登録に加え、新型コロナウイルスの陰性証明などの証明書を用意する必要があり、注意が必要です。

CP+実行委員長の笠松厚雄氏は「安全対策を最大限に強化したうえで、今年はリアルとオンラインのハイブリッドで開催する」と表明。以前のような集客を目指すのではなく、セミナーなどオンライン向きの内容はオンラインに任せ、パシフィコ横浜ではタッチ&トライなどリアル会場でないとできない体験ができる場と位置づけて来場人数を絞り、安全で居心地のよいイベントにしたいとしました。

今回、あえてリアル開催を決断した理由について、「リアル開催を中止にするのは簡単だが、いつまでもリアル開催に戻れなくなってしまう。今回リアル開催で得たノウハウを次回以降に生かせる回にしたい」と、リアル開催の意義を説明しました。いまのところリアル開催の中止は考えていないとしましたが、状況によっては変更する可能性もあるとしました。

今年は来場にあたっての注意点がいっぱい!

今年のCP+2022は、パシフィコ横浜のリアル会場に来場する際、新型コロナウイルスの陰性証明などの提出物が求められるなど、いくつかの注意事項があります。

  • 入場にあたっては、来場時間指定のオンライン事前登録が必要
  • 来場時には「72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明(メール等の電子媒体を含む)」、または「ワクチン接種証明及び24時間以内の抗原検査の結果の両方」の提示が必須(ワクチン接種の対象になっていない12歳以下の子どもは前者が必須)

日をまたいで来場する場合は、改めて書類を提出する必要があります。抗原検査などは自費で行う必要があるため、負担は少なくありません。その点に留意して、来場の可否やスケジュールを検討するとよいでしょう。