キヤノン、“二刀流”シネマカメラ「EOS R5 C」 8K/60p動画を制限なく撮影

© 株式会社マイナビ

キヤノンは1月19日、業務用の映像制作に用いられるキヤノンのデジタルシネマカメラ「Cinema EOS」の新製品「EOS R5 C」を発表した。RFマウントのフルサイズミラーレス「EOS R5」をベースにし、扱いやすい小型軽量ボディにしたモデル。8Kの動画撮影機能や45Mピクセルで20コマ/秒の高速写真撮影を備え、動画と写真の両方で高性能の撮影ができるようにした。空冷機構を搭載し、8K/60pの動画がノンストップで撮影できる。価格はオープンで、予想実売価格は65万円前後。発売は3月上旬の予定。

EOS R5 Cのおもな特徴は以下の通り。

  • 約4500万画素、最大20コマ/秒の高速写真撮影(EOS R5と同等)。メカシャッターも搭載
  • 8K/30p、4K/120pの動画撮影
  • 8K 12bit RAW内部記録に対応(最大8K/60p)
  • 放熱ファンを搭載、8K/60p動画のノンストップ記録に対応
  • デュアルピクセルCMOS AF対応、測距エリアはセンサーの80×80%の領域(動画撮影時)
  • デュアルピクセルCMOS AFを利用し、前ピンなのか後ピンなのかを示す「デュアルピクセル フォーカスガイド」
  • AFは瞳検出、頭部検知に対応
  • 手ブレ補正は電子補正(ボディ内手ぶれ補正機構は搭載せず)
  • 写真撮影、動画撮影でダイレクトに起動できる電源スイッチ。起動時間も短縮
  • CFexpressとSDの2スロット、それぞれで異なるフォーマットでの同時記録に対応
  • アクセサリーシューはデジタルオーディオインターフェース搭載の新タイプ(EOS R3と同じ)
  • 背面液晶、EVFのスペックはEOS R5と同じ(背面液晶はバリアングル式)
  • 本体サイズはW141.5×H97.5×D111mm、重さは約680g(本体のみ)