兵庫県「まん延防止等重点措置」要請へ 週内にも3府県足並み揃える見通し

© 合同会社ソシオタンク

 兵庫県の斎藤元彦知事は19日、この日史上最多の新規感染者数を記録した新型コロナウイルスの猛威を止めるため、週内にも「まん延防止等重点措置」の適用を国に求める意向を示した。先に大阪府、京都府の知事と会談し、いずれかの自治体で適用を申請すると決めた場合、3府県で足並みを揃えることを申し合わせており、事実上、週内に関西圏揃って同措置を申請する見通しとなった。

京都・大阪・兵庫3知事で会談、ともに申請で一致

 兵庫県内で19日に新たに判明した新型コロナウイルスの新規感染者は2514人で史上最多を更新し、勢いがまったく衰えない状況だ。斎藤知事は定例会見のなかで今週中がヤマ場だとの見方を示し、感染拡大に歯止めをかけるため週内にも政府に対し「まん延防止等重点措置」の適用を求める意向を示した。適用地域は県全域を検討しており、飲食店に午後9時までの時短営業を求める方針。

 斎藤知事はこの日の定例会見の前に、京都府の西脇隆俊知事、大阪府の吉村洋文知事と3者でオンライン会議を開き、いずれかの地域で「まん延防止等重点措置」の適用を申請すると決めた場合、他の地域も足並みをそろえて同時に申請することで一致した。そのため、斎藤知事の判断により事実上3府県一体となっての申請が行われる見通し。