米バイデン氏、ロシア警告

ウクライナ侵攻に切迫感

© 一般社団法人共同通信社

19日、米ホワイトハウスで記者会見するバイデン大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領(79)は19日、就任から1年となる20日を前にホワイトハウスで記者会見した。ロシアがウクライナ侵攻に動くとの見方を示し、切迫感をあらわにした。「そうなれば、経済に深刻な代償を負わせる」と警告。「銀行はドル取引できなくなる」と述べ、大規模な経済制裁の発動も辞さない構えを強調した。

 ロシアはウクライナとの国境周辺に10万人規模の部隊を展開。バイデン氏はプーチン大統領について「私の推測では動く。何かするはずだ」と強調した。侵攻のほか、サイバー攻撃などに踏み切る可能性を指摘した。