高橋尚子&安住紳一郎、TBS北京五輪で再びタッグ。テーマソングがAdoの新曲「マザーランド」に決定!

© 株式会社東京ニュース通信社

2月4日に開幕する北京オリンピック。TBS系で行う中継のスペシャルキャスターに高橋尚子が決定した。高橋は7大会連続でスペシャルキャスターを務め、総合司会には安住紳一郎アナウンサーが就任。安住アナは東京オリンピックでも総合司会を担当し、夏・冬2大会連続での大役となる。

高橋と安住アナは、東京オリンピックの中継でもタッグを組み、総放送101時間53分を走り切った。今大会も2人が中心となり、東京オリンピックに引き続き「届け、スポーツのチカラ。」をテーマに、選手たちの4年間の思いが凝縮される最高の場で見られるチャレンジ精神、フェアプレー精神、グローバル精神、ダイバーシティー精神を伝えていく。

高橋は「オリンピックの中継に携わるのは7回目ですが、冬季は4回目となります。初めて冬季を取材したバンクーバーオリンピックで、浅田真央さんや上村愛子さんが活躍した瞬間が、今でもしっかりと脳裏に焼きついて残っています」と振り返り、「きっと北京オリンピックでも、心に強く残るドラマを選手の皆さんが見せてくれるのではないかと思っています。3連覇を目指しているフィギュアスケートの羽生結弦選手、絶好調の小林陵侑選手など金メダルの期待がかかるスキージャンプ、そして前回の平昌オリンピックで大きな話題を巻き起こしたカーリング。さらに、今回注目していただきたいのが、アイスホッケー女子日本代表の“スマイルジャパン”です。快進撃を期待しています。なんといっても選手の皆さんの真剣勝負、その真摯(しんし)な姿に私たちも心動かされることが多いと思います。どうしてもメダルだったり勝者に目が行きがちですが、決してそれだけではない、敗者の涙や自己ベストを出した時の喜びなど、いろいろな角度で皆さんにお届けできればと思っています」とオリンピック中継への思いを述べる。

安住アナも「さまざまな困難の中、関係者の皆さんのご協力を得て開催できた東京オリンピック。アスリートの皆さんからは多くの素晴らしいメッセージを受け取りました。そしてまた、北京オリンピックも困難の中だからこそアスリートの皆さんの姿やコメントから多くの力をもらえることと思います。今回は北京に取材陣が入るのは大変難しい状況のようでして、事前だけでなく事後もかなりしっかりと隔離が行われるということで、やむなく高橋尚子さんも赤坂(TBS)入りとなりました。しかし、私どもを少しでも北京に近づけようとバーチャル空間を用意します。ただ室内で中継をお伝えしていては、北京の寒い冬の感じが出せないと思いますので、ちょっと外気が入る場所に作ります(笑)。もちろん体は寒くても心は熱く高橋尚子さんとお届けしてまいります。TBSのオリンピック中継にご期待ください」と意気込みを語っている。

さらに、スポーツ中継を盛り上げる「TBS系スポーツ2022」テーマソングが、Adoの新曲「マザーランド」に決定した。

Adoは「まさかAdoがオリンピックにまで進出するとは思ってもみませんでした。本当にちょっと想像がつかなくて、まだ脳内で処理しきれていないのですが、本当に光栄です。ありがとうございます」と感謝し、「詞曲・編曲の煮ル果実(ニルカジツ)さんから『マザーランド』についてのコメントを以前いただいて、その中の言葉をお借りするのですが、この『マザーランド』が聴いてくれた皆さまにとっての心の母国になればいいなと思っております。『マザーランド』は新しい応援歌だと思っています。聴いてくれた誰かを包み込んで、その人間の中のネガティブな言葉や心を受け止めて、きっと皆さんを支えてくれると思います」と、楽曲とTBSスポーツ中継とのコラボレーションへの期待を伝えている。

同局はゴールデンタイムで、小林選手が金メダルを狙うジャンプ男子個人ノーマルヒル決勝、そして男子フィギュアでは94年ぶりの3連覇を狙う羽生選手が登場するフィギュアスケートの男子ハイライト、さらに2大会連続メダル獲得を目指すカーリング女子の「日本vs韓国」の一戦など、注目競技を届ける。

【TBS 放送種目 放送日時(予定)】

2月6日(午後5:00)
「アイスホッケー」女子 日本vs中国
「ジャンプ」男子個人ノーマルヒル決勝

2月9日(午後1:00)
「スノーボード」ハーフパイプ男子予選

2月10日(午後7:00)
「フィギュアスケート」男子ハイライト
「スピードスケート」女子5000m決勝

2月14日(午前9:55)
「フィギュアアイスダンス」フリーダンス
「カーリング」女子 予選 日本vs韓国

2月20日(午後7:00)
「総集編」