若者が行きたい最新スポット1位はスーパー・ニンテンドー・ワールド、2位は?

© 株式会社マイナビ

LINEは1月18日、リサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」にて2021年下期における若年層の流行に関する調査の結果を発表した。調査は2021年9月1日〜3日と12月7日〜9日の各2回、全国の15歳〜24歳の男女を対象にLINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査にて実施した。有効回答は9月1日〜3日は4730サンプル、12月7日〜9日は4721サンプル。

まず、2021年9月期と12月期に流行したものについて調査した。結果、9月期では「東京リベンジャーズ」、最新の12月期では「鬼滅の刃」が1位に。また、「呪術廻戦」が9・12月期ともにランクインしているなど、複数のマンガ・アニメ作品があがった。

12月期には2位に「なにわ男子」がランクインしたほか、5位・6位には、「ポケットモンスター/ポケモン」と「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール」もあがっている。

12月期の11位以降には、「Apex Legends」や「YouTube」、「新型コロナウイルス感染症」などがランクイン。「平成フラミンゴ」(19位)や「すとぷり」(30位)といったYouTubeで活躍中のグループの名前も見られた。そのほか、20位には「NiziU」、29位には「ジョジョの奇妙な冒険」もランクインしている。

男女・年代別で12月期の結果を見ると、「鬼滅の刃」が男女共通して上位。特に男性23〜24歳では割合が高く1位となっており、女性でも19〜22歳、23〜24歳で2位となっている。

男性では、「ポケットモンスター/ポケモン」や「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール」のほか、「ウマ娘プリティーダービー」や「Apex Legends」などのゲームタイトルが、すべての年齢層で上位に見られた。

女性では、すべての年齢層で「なにわ男子」が1位となったほか、「BTS」や「Snow Man」「NiziU」などミュージシャンやグループの名前があがっている。また、15〜18歳・19〜22歳では「コムドット」が上位となっているほか、15〜18歳では「平成フラミンゴ」もランクイン。YouTuberの活躍も話題となっている。

さらに、12月期の調査では、2019年以降にオープンまたは2022年にオープン予定の最新スポットの中で、これから行きたい所についても尋ねてみた。すると、1位はUSJ内にオープンした「スーパー・ニンテンドー・ワールド」(47.2%)となり、次いで今年秋にオープン予定の「ジブリパーク」(41.1%)が続いた。

男女別では、共に「スーパー・ニンテンドー・ワールド」がトップに。2位は、男性はUSJのアトラクション「モンスターハンターワールド:アイスボーンXR WALK」(28.9%)、女性は「ジブリパーク」(53.5%)となっている。また、男女ともに「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」もTOP5にランクインしている。