3月電気料金、9社が値上げ

資源高騰、3社上限に

© 一般社団法人共同通信社

 大手電力10社のうち9社が3月の家庭向け電気料金を2月と比べ値上げする見通しであることが、20日分かった。火力発電の燃料に使う液化天然ガス(LNG)などの輸入価格の上昇が続いたため。3社が燃料費調整制度で料金に上乗せできる上限に達する。大手都市ガス4社はそろって値上げする見込み。

 3月の電気料金が新たに燃料費調整制度の上限に達するのは関西電力と中国電力。北陸電力は2月分ですでに上限に到達しており、3月は料金を据え置く見通し。3社は経済産業省に値上げを申請しない限り、今後燃料費が上がっても料金に転嫁できない。