首相、新しい資本主義で工程表

コロナ「2類相当」維持

© 一般社団法人共同通信社

衆院本会議の代表質問で答弁する岸田首相=20日午後

 岸田文雄首相は20日の衆院本会議での代表質問で、自身が掲げる「新しい資本主義」の実現に向け、今後、毎年度の成長・分配戦略の施策を具体的に記した工程表を作成すると表明した。夏の参院選を見据え、経済成長と分配の具体策をアピールする狙いとみられる。新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを巡り、危険度が5段階で2番目に高い「2類相当」としている現在の分類を当面は維持する方針を重ねて示した。

 首相は新資本主義に関し、施政方針演説で今春にグランドデザインと実行計画を取りまとめると言明。成長戦略としてはデジタルを活用した地方の活性化などを列挙した。