コロナ肺炎にリウマチ薬

厚労省が「トシリズマブ」承認

© 一般社団法人共同通信社

トシリズマブ(商品名アクテムラ)(中外製薬提供)

 厚生労働省は21日、関節リウマチなどの治療に使われる中外製薬の薬「トシリズマブ(商品名アクテムラ)」を、新型コロナウイルス感染症の治療に使うことを承認した。肺炎を起こし、酸素投与が必要な患者が対象となる。

 免疫の過剰な反応によって起きる炎症を抑え、呼吸機能の悪化を防ぐのが目的。点滴で投与し、ステロイド薬と併用する。

 中外製薬が昨年12月、厚労省に承認を申請。今月20日に開かれた同省専門部会で審議し、承認することが了承されていた。

 米食品医薬品局(FDA)も昨年6月、新型コロナの治療薬としてトシリズマブの緊急使用を許可している。