長友佑都が見る「Jリーガーのパフォーマンス」。相馬とのコンビはどうだった?

© 株式会社コリー

現在トレーニングキャンプに臨んでいる日本代表。27日に行われるワールドカップ予選の中国戦に向けて準備を進めている。

21日には練習試合が行われ、その後開かれたオンライン記者会見には長友佑都が出席した。

ともに練習を行った若手Jリーガーの印象について聞かれると、彼は以下のように話していた。

長友佑都

「たくさんいますけど、やはりJリーグで活躍しているだけあって、ヤスト(脇坂泰斗)とか、江坂とか、稲垣も含めてすごく落ち着いたテクニックのある選手たちで、球際も戦える。

自分自身も本当に発見がある。Jリーグでしっかりトレーニングをしていれば、これだけのパフォーマンスが出せるんだなと、彼らが証明したんじゃないかと思います。

(左でコンビを組んだ相馬選手について)

本当に運動量も多いし、守備も攻撃もできる。中にも仕掛けられて、縦にもいける。

彼は全てにおいてレベルが高いなと。そしてさらにレベルが上がってきていると思います。

僕もオリンピックのときに見ていまして…一緒にやることはあまりなかったんですが、今回トレーニングや彼の意識も含めて見ていて、伸びてほしいな、この選手は伸びるなと思わせてくれました。

彼を本当に気持ちよく生かせるようなポジショニングをして、モチベーションなどの面で精神的な部分での支えになれたらなと思います」