小瀧望・葉山奨之・大西流星・佐伯大地、こたつに入りみかんアートで勝負

© 株式会社マイナビ

アイドルグループ・ジャニーズWESTの小瀧望が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』(毎週土曜23:30~)のスピンオフコンテンツ『ヒミツの鹿楓堂』がTELASAで配信スタートした。

和風喫茶「鹿楓堂」の店主でお茶担当のスイ(小瀧)、料理担当・ときたか(葉山奨之)、スイーツ担当・椿(大西流星/なにわ男子)、珈琲担当・ぐれ(佐伯大地)ら4人のスペシャリストとお客さんたちの心温まる交流を描く同作。

『ヒミツの鹿楓堂』は、そんな4人がドラマの世界から飛び出し、さまざまな企画に挑戦しながらワチャワチャと戯れる全6回のスペシャルコンテンツ。ドラマ本編とは一味違う素顔や、関西弁でボケ&ツッコミを入れながら大騒ぎする姿に注目だ。

記念すべき初回は、『みかんアート-1グランプリ』を開催する。4人がこたつでぬくぬくしながら、10分という制限時間の中、みかんの皮に竹ぐしやハサミで切り込みを入れてアート作品に挑戦。進行を務める大西洋平(テレビ朝日アナウンサー)から、達人が作った「虎」や「カーリング」などの見本を見せられ、小瀧は「すごい! こんなむき方できる!?」と衝撃を受ける。

しかしいざスタートすると、佐伯が大胆な切り込みを入れ始め、大西は「何を作るか考えてから始めてます!?」とビックリ。そんな大西は、まずみかんを食べてみるというマイペースぶりを発揮する。一方葉山は、飛んでくるみかんの果汁に大苦戦。「好きな言葉は『出たとこ勝負』なので、僕はまずやってみる派ですね(笑)」と言う小瀧は、珍芸術を作り上げる。小瀧が「個性が出るなぁ(笑)!」と驚くほど方向性の違うものとなった4人の作品とは。