延岡、高千穂 震度5強 南海トラフ想定域

© 株式会社宮崎日日新聞社

地震で2階部分の外壁がはがれて落下した飲食店=22日午前3時45分、延岡市春日町

 22日午前1時8分ごろ、延岡市と高千穂町、大分県で最大震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は日向灘で、震源の深さは45キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6.6とされる。高知県や熊本県でも震度5弱を観測し、中部から九州の広範囲でも震度1以上の地震があった。津波はなかったが、本県の4人が軽いけがをし、延岡市、高千穂町の計540世帯が一時断水。道路の亀裂や落石、ブロック塀の損壊が相次いだ。震源地は南海トラフ巨大地震の想定震源域だが、気象庁は現時点で同巨大地震とは異なるとの見解を示しており、今後関連を議論する方針だ。