【小倉北区】魚町銀天街に『昆虫食』自販機 最高レベルは「タランチュラ」?

© 北九州ノコト

魚町銀天街内の中屋ビル1階に「昆虫食」の自動販売機が設置されています。

まだ、稼働はしておらず、準備中のようですが、稼働する日に向け、着々と準備は進んでいるようです。

レベル1「幼虫」からレベル5「タランチュラ」まで

この自動販売機は、東京農業大学・学生ベンチャー「うつせみテクノ」が設置するもの。

「昆虫姿スナック(タランチュラ・タガメ・バッタ目ミックス・幼虫ミックス)」や「蚕桑茶」など、ラインアップは初心者(?)向けの昆虫食となっているようです。

「昆虫姿スナック」には『チャレンジレベル』も書かれてあり、「幼虫ミックス」は『レベル1』、「タランチュラ」は『レベル5』となっています。昆虫姿のスナックと聞くと、どうしてもハードルが高くなってしまいますが、挑戦する勇気が出たら『レベル1』から挑んでみたらいいのでしょうか。

と勧める編集部員も勇気は出そうにありません……。

初心者はここから挑戦するのがいいかもしれない「タガメサイダー」

その他にも国産昆虫として「群馬こおろぎ」「山形こおろぎ」「山梨かいこ蛹」が入った商品などもあります。

昆虫の形がそのまま残っていることにどうしても抵抗があるという人には、タガメエキスを使用しているという昆虫ドリンク「タガメサイダー」であれば、昆虫の姿が残っているものではないので、昆虫食体験しやすいかもしれません。

価格表示もこれからのようなので、どれくらいの金額設定になるのかはまだ不明。値段を予想しながら、昆虫食を自販機で購入できるようになる日を待ち続けます。

■所在地/北九州市小倉北区魚町3-3-20

※2022年1月23日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)