門司港レトロに「碧。食堂」オープン 夫婦2人で提供する『おうちのごはん』

© 北九州ノコト

1月11日、門司港レトロ地区に「碧(あおい)。食堂」がオープンしました。

場所は栄町銀天街の入り口。以前、そば店があったところです。

コンセプトは「おうちのごはん」。やさしい味わいの家庭料理を食べることができるお店です。

写真提供/「碧。食堂」

「おうちのごはん」を味わえる定食メニュー 夜も注文可

ランチメニューは「日替わり定食」(770円)をはじめ、「煮込みハンバーグ定食」「塩サバ定食」「唐揚げ定食」(各880円)、「チキンカツ定食」(820円)を提供。

「日替わり定食」のメインは、月曜が「しょうが焼き」、火曜が「あじフライ」、水曜が「メンチカツ」、木曜が「コロッケ」、金曜が「チキン南蛮」となっています。

取材時は「煮込みハンバーグ定食」を注文。デミグラスソースでじっくり煮込まれたハンバーグはやわらかくてジューシー。肉のうま味が溶け出した、しっかりした味わいのソースが、ごはんとよく合います。

定食メニューは夜営業時にも注文可能。仕事帰りにバランスの取れた定食を味わうことができるのも嬉しいポイントです。

1人でふらっと立ち寄りやすいカウンター席も

店内はテーブル席のほか、カウンター席もあるので、1人でも利用しやすく、買い物途中やバスの待ち時間にランチをさくっと楽しむのにもピッタリ。4人座れる座敷席も用意されているので、夜ゆっくりしたいという時は座敷を利用するのもいいかもしれません。

「夫婦ふたりでのスタートです。地域の皆様に愛され、お客様がほっとできる場所になれればと思います」と話す店主夫妻。これからが楽しみなお店です。

■住所/北九州市門司区栄町1-20
■営業時間/午前11時~午後2時、午後5時~午後9時
■定休日/日曜

※2022年1月23日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)