歴史問題と「関係ない」 自民・高市氏、佐渡金山推薦で韓国側に反論

© 株式会社新潟日報社

高市早苗氏

 政府が「佐渡島(さど)の金山」の世界文化遺産への推薦を2021年度は見送る方向で検討している中、自民党の高市早苗政調会長は23日、新潟県長岡市での講演会で「必ず本年度に推薦すべきだ」と述べた。歴史問題を背景に韓国が反発していることに対し「金山は江戸時代に独自に発展した産業遺産であり、戦時中とは全く関係がない」と強調した。

 国の文化審議会は昨年末、世界遺産にふさわしい価値があるとして、21年度の国内推薦候補に佐渡島の金山を選定した。それに対し韓国政府は、かつて朝鮮半島出身者が過酷な労働に従事させられたとして選定の撤回を要求している。

 高市氏は、世界遺産登録を審議する国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会の委員国に今後、韓国や中国が立候補する可能性があるとし、歴史論争になれば「来年度以降の推薦はさらに困難になる」と指摘。国内推薦を決めた上で「日本以外の委員20カ国に、積極的に説明していくべきだ」と語った。

 講演会は自民党の県参院選挙区第一支部の主催。高市氏はリモートで講演し、会場には約300人が訪れた。