ひとり親家庭などの支援に レトルト食品やお菓子など1010点を贈呈 埼玉・加須市役所でフードドライブ

© 株式会社埼玉新聞社

「加須市子育てフードドライブ」には、米や調味料、レトルト食品、缶詰、お菓子などたくさんの食品が寄せられた=17日、加須市役所

 埼玉県の加須市こども局子育て支援課と同市社会福祉協議会などがフードドライブで集めた食品を17日、市役所5階で市内の子ども食堂やフードパントリーの各団体に贈呈した。ひとり親家庭などの支援に役立てられる。

 毎年、奇数月に行っている「加須市子育てフードドライブ」。市職員、市民、民生委員、市内の郵便局職員、市商工会女性部などから米、調味料、レトルト食品、缶詰、お茶、お菓子など1010点が寄せられた。

 市では、子育て支援を目的に、「やさしい気持ちをいただきます」をキャッチフレーズに、奇数月の第2週を子育てフードドライブ週間に定めている。子育て支援課などで食品の提供を受け付けた。

 市内には、子ども食堂6団体とフードパントリー4団体がある。騎西子育て応援フードパントリーの猪股富美子代表(61)は「回を重ねるたびに支援の輪が広がっている。オミクロン株の感染拡大で、子育て世代は苦しい状況に置かれている。こういう時こそ支援が必要」と話した。