美麗FKを決めた久保建英。日本代表の課題「セットプレー」にこう思う

© 株式会社コリー

27日に中国代表とのワールドカップ予選を控えている日本代表チーム。

ホームでの2連戦となる今回のスケジュール、キャプテンである吉田麻也とそのパートナーである冨安健洋が怪我のために合流できないという状況で迎えた。

かつては木村和司や中村俊輔、遠藤保仁など素晴らしいフリーキックの名手がいた日本代表であるが、このところはセットプレーでの得点力が乏しい状態。

そこで期待されるのは、先日のコパ・デル・レイで見事な直接フリーキックを決めてゴールを奪った久保建英である。

【動画】久保建英が見事なフリーキックを叩き込んだエスパニョール戦

記者会見でそれについて聞かれた久保建英は以下のように答え、「決めてみて改めて難しさが分かった」と話していた。

久保建英

「フリーキックを蹴る機会が多いのでわかりますが、すごく難しいものなんです。

前回は入りましたが、トップレベルのフリーキッカーでも多分年に何本も決められる人はそんなにいないと思うんです。そこまで簡単に入るものじゃないというのは、皆多分認識したほうが良いのかなと。

最近『フリーキッカーがいない』という話は僕も耳にします。ただ、そんなに簡単にポッと出てくるものでもないですし、練習で何本も決める選手が試合になると入らないことがあります。

壁が入ったり、試合の雰囲気とかで全く変わってきます。『そんなにフリーキックって入るものじゃない』というのは認識したほうが良いと思いますね。

それは自分が決めてみて改めて難しさが分かったというか。

フリーキックについては先日中村俊輔さんと対談させていただいたので、WOWOWを見てもらって…」

なお、その後WOWOWの記者から補足があり「今中村俊輔さんとの対談は見られなくなっているので、調整しておきます」とのことだった。