西武山川ら新型コロナ感染

中日は郡司ら5人

© 一般社団法人共同通信社

西武の山川穂高内野手、川越誠司外野手

 西武は25日、山川穂高内野手と川越誠司外野手の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。練習を行っていた沖縄県で24日にPCR検査を受け、25日に判明した。ともに症状はない。

 中日は郡司裕也捕手、森博人、垣越建伸の両投手、石岡諒太内野手、新人の味谷大誠捕手の計5人がPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。球団によるといずれも無症状で、陽性者と接触のあった選手には検査や自主隔離などの措置を取る。

 日本ハムも木田優夫2軍監督が陽性と判定されたと発表した。症状はなく自宅療養する。

 広島は矢野雅哉内野手の陽性が判明。喉に痛みがある。