北京の会場周辺、コロナ検査に列

五輪開幕まで10日

© 一般社団法人共同通信社

国家体育場の周辺地区でPCR検査に並ぶ住民=25日、北京(共同)

 【北京共同】北京冬季五輪は開幕まで25日で10日となり、各国・地域の選手団の入国が今後本格化する。新型コロナウイルス禍で停滞する五輪ムードを盛り上げようと街にはマスコットやポスターの飾りが増える一方、開会式会場周辺では全住民対象のPCR検査を展開するなど感染拡大への警戒が高まっている。

 北京市では新型コロナの流行がじわりと広がり、中国メディアによると1月中旬以降に確認された市中感染者は50人を超えた。開会式が行われる国家体育場(通称「鳥の巣」)の周辺地区では25日、全住民を対象に検査を実施し、あちこちに長い行列ができた。